日本ルーテル告白教会 年譜

1952年   アメリカ合衆国のルーテル派ウィスコンシン教団牧師、フレッド・G・ティーフェル師が朝鮮戦争の従軍牧師として派遣されて来日。
1953年   朝鮮戦争終結にあたってティーフェル師は米国に帰らず、東京都渋谷区八幡通りに住居を構えて本格的な布教活動を開始する。
1954年   自宅を教会として用いて日曜日の礼拝を開始。
1955年   教義に関する考え方の相違からティーフェル師はウィスコンシン教団を離れる。
1973年   宗教法人格取得。
1975年   町田市つくし野の現住所に教会を移転。
1990年 4月 佐野和男師、担任牧師となる。
2005年 12月 鈴木雅雄師を招聘。
2006年 3月 佐野和男師退任。鈴木雅雄師担任牧師となる。
2009年 10月 鈴木志保師担任牧師となる。